クリニックに転職して成功した看護師の事例

クリニックに転職して成功した看護師の事例

転職先は何を重視して決めましたか?

私が転職活動した際に重視した点は、私の条件をのんでくれるところです。
まだまだ新米看護師のくせに偉そうにと思われるかもしれません。でも就職難のこのご時世、自分で就職先を選ぶなんてことはなかなかできることではありませんが、ここが看護師免許取得者の有利なところです。看護師不足の病院は山ほどありますから、新卒でも多少条件を出しても大丈夫と見られると考えました。病院側にとっても、すぐに辞められるよりは、多少の条件をのんででも長く働いてくれる看護師が欲しいのではないかと思います。

実際に転職活動はどうでしたか?

大きな病院はルールがガチガチに決まっていて条件をのんでくれる可能性が低いため、クリニック病院に絞ることにしました。1軒目の病院は面接後、丁寧にお断りされましたが、2軒目の病院は心良く受け入れて下さいました。面接時には、病院を案内して下さり、24時間対応の託児所などのサービスも見せてくださいました。新卒者の教育もきちんとしてくれるし、お給料もいいし、いい病院が見つかったものだと思いました。

クリニックに転職してどうでしたか?

ただ、私が就職したタイミングがちょうど病院を新しく立て直したところで、大幅な増員もあったりして、スタッフたちもまだあたふたしているような状態でした。面接時には私の条件をのんでくれるとのことでしたが、実際勤務を開始した時には病棟婦長には全く伝わっておらず、私自ら一から説明しなおさなくてはならず、少々大変に感じました。

クリニックの看護師の教育はどうですか?

勉強熱心な同僚たちに恵まれ、きちんと新人教育もしてもらって大変ありがたかったです。クリニックでは、専門性を極めるというよりは、広い知識、技術が求められるように思います。表向きは外科病棟でも、他の病棟との関係で、よく内科系の患者さんも受け入れなければいけなかったりしたからです。でも、そのおかげで、幅広い知識を身につけることができ、その後別の分野での仕事をすることになりましたが、その時の経験がとても役に立っています。

↑ PAGE TOP